キャッシングのブラックリストについて詳しく解説しているページです。

ブラックリストとは

顧客の借入情報は、全て信用情報機関に記録されていますので、ここに記録されているデータの中で返済が滞ったり返済不可能になった人の記録を「ブラックリスト」と呼んでいます。

ブラックリストとして登録された場合は、金融機関からの借り入れができなくなります。

もちろん、クレジットカードの審査さえも厳しくなりますので、ブラックリストに登録されてしまうような行動はしない方が賢明です。

金融機関は、なにも無償でお金を貸してくれるわけじゃありません。貸す身としたら、返ってこないかもしれないリスクも考える必要があるのは当然ですよね。

過去に何度も返済を遅らせてきたような人には貸したくないのは当たり前のことですし、そういう人かどうかを調べるためにも「ブラックリスト」として登録するのです。

信用情報機関には、キャッシング、クレジットカード、銀行などの金融機関が加盟していますので、登録している企業は、顧客がブラックかどうかの確認をすることが可能です。

融資を受けようとして、審査に落ちてしまった場合は、落ちてしまった理由はいろいろとあることでしょう。その中に、もし過去に返済延滞などの経験があるのであれば、ブラックリストに登録されている可能性があると思ってください。

また、自分がブラックリストに登録されているかどうかが気になる人もいるかと思いますが、問い合わせて聴くことはできません。

ですが、過去に返済が遅れたことがある人は、ブラックリストに載っていると思ってもいいでしょう。