キャッシングの基礎知識として「延滞の記録が残る」ことについての説明をまとめたページです。

延滞の記録が残る

こうした延滞の記録は、信用情報機関に載せられます。支払いが3ヶ月も滞れば、この信用情報機関に、ブラック、という扱いで、「事故情報」として延滞記録が残ります。こうなってしまうと、ことは重大です。一般的に、借りたお金の全額返済を言い渡されます。さらに、その履歴はしばらく信用情報機関に記録されていますので、これから先、お金に困っても、キャッシングをする、ということが出来なくなってしまいます。

延滞したいために事前に連絡

どうしても支払い日に返済が出来ない、という状況であれば、必ず、キャッシングの業社に、何月何日に、支払いできますから、ということを、電話連絡しておきましょう。支払いの遅れは遅れですが、何も連絡をせず、支払うつもりがない悪質な相手、という認識をされるよりも、支払う気持ちがあります、という誠意を見せなくてはなりません。

お金を借りたら、返済する、ということは当たり前のことです。返済が滞ることがないように、無理のない計画を立てて、キャッシングを行うことが、大切ですね。

<<返済が遅れるとどうなる?