キャッシング比較 TOP > キャッシングの基礎知識 > 銀行・消費者金融・信販の違い

キャッシングの基礎知識を身につけるために「銀行・消費者金融・信販の違い」をあらかじめ学んでおきましょう!

銀行・消費者金融・信販の違い

最近は「キャッシング」という業界に、色々な企業が参入していますよね。銀行系、消費者金融系、信販系、その他に、IT系列の企業、デパート業界など多種多様です。大きく分けると、銀行・消費者金融・信販ということになります。

銀行系、消費者金融系、信販系、それぞれに、特徴やメリット、デメリットがあります。では、これらのキャッシング会社の特徴を知るために、系統別にその違いなどを探ってみましょう。

銀行系のキャッシング会社

まずは、銀行系です。たくさんの銀行が、キャッシング、というサービスを行っています。この銀行系のキャッシングの大きな魅力、メリットは、何といっても「金利が低い」ということでしょう。「金利が低い」ということは、支払いに大きな差が出ますから、できれば、この銀行系で借りたい、という方が多いのではないでしょうか。デメリットとしては、審査に時間がかかる、ということ、また審査方法が厳しい、ということが挙げられます。

消費者金融系のキャッシング会社

消費者金融系のキャッシング。メリットといえば、審査のスピードです。申込みをした当日に、即時振り込み、というところもたくさんあります。また、消費者金融系統のキャッシングの場合、持っている枠内であれば、借入も返済も自由、という気ままさがあります。困ったときにすぐ借りられる、というのも、メリットになるでしょう。

しかし、銀行系に比べて、審査がスピーディである分「金利が高く設定されている」というのがデメリットとなります。ですが、最近は、無金利期間、というものもありますし、以前に比べて、金利もかなり低くなりました。

信販系列のキャッシング会社

信販系列のキャッシングは、キャッシングとショッピングの両方に「便利に使える」ということです。ショッピングは信販系カードで支払い、ポイントを獲得して賢く使用している方も非常に多いですね。銀行系と比べると、金利は高くなりますが、消費者金融系よりも、金利は低くなっている所が一般的です。1枚のカードで、二つの利用方法がある、というのが、魅力になりますね。消費者金融系に比べて、審査に時間がかかります。銀行よりは、審査日数がかかりません。