キャッシング比較 TOP > キャッシングの基礎知識 > 融資・審査〜どうすれば融資を受けれるのか〜

キャッシング枠を無くす方法について詳しく説明しているページです。

キャッシング枠を無くす方法とは

キャッシング枠がまったく必要がないという人もいますよね。キャッシング枠とは、担保も保証人もなしでお金が借りられる枠というものです。

クレジットカードやキャッシング、カードローンのキャッシング枠は利用限度額の範囲内なら何度でも借り入れが可能だというものですが、まったく使わないのであれば、このキャッシング枠をなくすほうがいいかと思います。

なぜなら、全く使わない人にとっては、落とした時や、盗難にあった時が怖いからです。勝手に使われる前に、「使えない状態」にするほうが安心ですよね。

キャッシング枠を無くす方法としては、以下の方法があります。

●新規申し込み時の場合
申込書でクレジットカードを申し込む時は、その旨を伝えましょう。ほとんどの会社で最初からキャッシングとカードローン枠を0で発行する事ができます。

●店頭で申し込む時
店頭で申し込む時は、受付担当者に「いらない」と伝えましょう。

●郵送で申し込む時
いらない旨を記入した付箋やメモを申込書に付けて郵送します。

上記の方法でキャッシング枠をなくすことができるのですが、まれに上記の方法で申し込んだのにキャッシング枠がついていることがあります。

これは、手違いがあったか、または会社の方針でついています。いらないと言ったのについていた場合は、直接来店するか電話で「いらない」と伝えましょう。

万一、いらないと伝えたのに外すことができないといわれた場合は、「では減額してほしい」と伝えましょう。

ゼロにできないのであれば、自分自身の万が一を考えたときのために、5万〜10万円程枠を残すようにするといいかもしれませんね。もしカードを紛失し、悪用された場合もで、5万前後であればそこまでの被害はないかと思います。